2013年10月23日 11:07:32

神について思う

穢れと汚れ



穢れや汚れというのは人の意識が生み出す感情である。

神は無分別である。
神は、人の肉体に貴賤の区別をしたりはしない。
頭だから、清くて、肛門だから汚いという事はない。
頭は尊く、肛門は汚いとするとしたらそれは人である。
それは人の意識が差別をしているのである。
差別は人の意識がする事である。

私の知り合いは、自分の知人の家を訪ねると汚いという。
その人の母親は、その知人の事を嫌っている。
それを知っているその人は、知人の家は汚いという。
汚いと言って自分の食器を持っていく。
しかし、自分にとって決して不潔でも何でもない。
しかし、その人から見ると汚く見えるのである。
それはその人の意識が汚いと思わせるのである。
それは不潔とか、汚いという意識ではなく、穢れである。

確かに、汚いという意識は、自分の身を守るという働きもある。
臭いとか、汚れているとか、不潔というのは、黴菌や毒、危険な存在から自分の身を守るという事もある。

しかし、そう言った自分の身を守るという意識だけでなく。
罪の意識もある。

時には、自分を罰している事すらある。

神は、基本的には無分別なのである。
穢れとか、汚れを取るためには、自分の魂を浄化するしかないのである。

それは、神の赦しを受け入れるしかない。

神は、人を救済する事を目的とされているように思える。
突き詰めてみれば、神の救済を受け入れる事に依ってしか、人は自らの穢れや汚れを浄める事は出来ない。

神の救済によって自らの魂を浄めるしかないのである。
人にとって信仰は唯一の救いである。


TOP         Contents         NEXT


このホームページはリンク・フリーです
Since 2015.1.1
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.


Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano