2001年1月6日

神について思う


おかえり。
オウ何処に行ってたんだ。
ここへおいで。
ここはおまえの家なんだ。
懐かしくて、癒やされる場所。
ここは自分の家なんだ。
いつも鍵は掛けていない。
誰が来ても暖かく向かい入れてくれる。
ごろりと横になっても誰もとがめたりはしない。
だから寂しくなったら何時でも帰っておいで、何時でもドアは開いてるよ。
悲しくなったら、逢いにおいで、何時でも待っているよ。
辛くなった、話においで、何時でも聴いてやるよ。
ここは君の家なんだ。

父も母もいる。
何時でも帰っておいで。

ここは君の家なんだからね。

家は、一番寛げるところ。
安らぐところ。
無防備にさらけ出せるところ。
家を出て長く流離っても、家へ帰れば、一日で素の自分に回帰できる。

ここは自分の家なんだ。
帰るべきところなんだ。

遙かな記憶。
暖かい思い出。
温もり。
嗚呼、俺は、やっと家に帰ってきた。
帰ってこれた。
ここが原点なんだ。

自分の一生を他人の一生と比較したところで何になろう。
大富豪の家に生まれる者がいれば、
貧困の中で生涯を終える者もいる。
王侯貴族の家に生まれる者がいれば、庶民の家に生まれる者もいる。
絶世の美人に生まれる者もいれば、二目と見られぬ醜女に生まれる者もいる。
でも、どんなに羨んでも他人の人生を歩む事はできない。
自分の人生を受け入れるしかないのである。
ならば、自分の世界で一番になればいい。
自分の世界だからまた一番になれる。
どんなに美人に生まれても幸せになれるとは限らない。
どんなに栄耀栄華を極めても満ち足りるとは限らない。
大切なのは、自分の居場所である。
この世界のどこかに、自分が、安心して居られる場所がある事ほど幸せな事はないのである。
自分の戻れる家があれば幸せなのである。



TOP         Contents         NEXT


このホームページはリンク・フリーです
Since 2001.1.6
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.


Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano