一人の老婆が弱々しく立ち上がるとこう尋ねた。

 死んだら、私は、どうなるのでしょう。天国へ、いけるでしょうか。極楽浄土は、あるのでしょうか。

 それに対し、その方は、次のように答えられた。

 死後の世界について、私は、語らない。なぜなら、死後の世界は、誰も確かめようがないからである。何かを語れば、人を惑わすだけだ。
 しかし、これだけは言える。自己の存在は、肉体とは関係がない。そして、神は、自己を、超越したところに存在する。すなわち、神は、あなたの内にある。あなたの命、魂の根源に神はおられる。

 自己は、死生を越えている。自己こそ神に通じる唯一の存在。それ故に、自己を純化したところに、死を越えた世界がある。
 つまり、自己を純化した世界こそ、魂の根源の世界である。
 人を憎み呪う者は、憎しみの国へ。争いを好む者は、争いの国へ。人を欺き騙す者は、詐欺師の国へ。人を殺す者は、人殺しの国へ。人を恐れさせる者は、恐怖の国へと通じ。愛欲に溺れる者は、愛欲の国へ。飽食する者は、飢餓の国へ。人を愛し慈しむ者は、愛の国へ。正義を望む者は、正義の国へ。悪霊を神と崇める者は、悪霊の国へ。神を敬い信じる者は、神の国へと通じるのです。
 だからこそ、あなたの、今の生き方が、大切なのです。今のあなたを大切にし、今、あなたが信じる生き方を、突き詰めることが重要なのです。
 信仰の本質は、あなたの生き方にある。あなたが何を信じ、どう生きるか、つまりは、何を実践したかにある。
 これから、あなたが行こうとしているところは、つまりところ、あなたが望んだ世界なのです。

 天国も、地獄もあなたの心の中にある。天国というのは、あなたの天国なのです。そして、あなたの行いによって、あなたは、裁かれるのです。

 生きている者で、死んだ者はいません。だのに、人は、生きている者は、いつか必ず、皆、死ぬと思いこんでいる。不確かな未来を怖れて、確かな今を忘れる。愚かなことです。今を活き活きと生きる者は、死など恐れることはないのです。

 いきなり、みすぼらしい身なりの者が、立ち上がり、ぶっきらぼうに、その方に問いかけました。

 私は、ある新興宗教に騙されて、全財産を失ってしまいました。無一物になった私は、いろいろな国を旅し、いろいろな街に行きました。そこで目にしたのは、どんな国でも最も、壮麗で大きな建物は、寺院、仏閣でした。宗教とは、そんなに儲かるものなのですか。

 それを聞くとその方は、

 神の名の下に、商売をする者がいる。神を利用して、金を儲ける者がいる。彼らは、神を否定する者達だ。神の真実を知る者が、神を利用して商売や、金儲けをするであろうか。神を恐れぬ者だけになせる業である。彼らに与えられるのは、底のない闇と、永遠に続く孤独だけだ。

 と激しい口調で言った後、その者の目を見つめ、

 神を試したり、取引をすべきではない。神を試すのも、取引をするのも無意味であり、愚かな行為だ。神を試せば、結局、報いは自分が、受けなければならない。神に見返りを求めたところで、それは得られない。なぜなら、神は、すべてを与え尽くしているからである。
 あなたは、神に何を求めたのですか。神に、現世利益を求めたとしたら、それは、得られません。御利益とは、目に見えない、形のないものです。私は、これだけのお布施をしたのだから、これだけの、御利益があって当たり前だと思うのは、間違いです。神は、すでに、与え尽くしています。ただ、あなたがたが、それに、気がつかないだけです。それ以上のものを求めるのは愚かです。
 幸せは、自分の力で、勝ち取るものです。かりに、お布施をして、何らかの御利益を得たとしても、それは、あなたの力によるのです。神の力ではありません。
 神は、私たちに生きる勇気、困難に立ち向かっていこうとする力を与えてくれるのです。それ故に、事が成就したあかつきには、そっと心で手を合わせ、神に感謝をすればいいのです。

 と優しく諭されました。

 神を利用する者は、神を否定する者です。神を利用して、名を売る者がいる。神を利用して、金を儲ける者がいる。神を利用して、富を蓄える者がいる。神を利用して、権力を得ようとする者がいる。神を利用して、人を支配する者がいる。神を利用して、洗脳しようとする者がいる。神を利用して、自分の行為を正当化しようとする者がいる。こういう者は、全て、神を否定する者であり、このような行為は全て、神を冒涜する行為である。

 自らを、省みて悔い改める事をせずに、神の名を口にする者は、神を、信じていない者です。

 人は、人生の最後の瞬間に、自ら罪と対峙しなければならない。
 その時、誰があなたを許してくれるでしょう。神以外にあなたを許すものはいないのです。
 あなたを裁くのは、あなた自身なのです。

 神のみが人を許すことができるのです。神のみが人を救うことができるのです。

 罪を認めなければ、許されることはありません。

 もし仮にあなたが人を殺したとして。あなたは、殺した相手に許しを請えるでしょうか。また、相手が許したとしても、本当に、それが、救いとなるでしょうか。あなたの犯した罪は消えるでしょうか。

 あなたを裁く者は、あなたです。そして、あなたを許すことのできるのは、あなたの神のみです。
 




             


Since 2001.1.6

本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.

Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano

天国について