神について思う

狂  気


ドンキホーテのミュージカル、ラマンチャの男の中に、確かこんな台詞があった様に想います。

ああ人生自体がきちがいじみているとしたら、では一体、本当の狂気とは何か? 
本当の狂気とは。夢におぼれて現実を見ないのも狂気かもしれぬ。
現実のみを追って夢を持たないのも狂気かもしれぬ。

だが、一番憎むべき狂気とは、
あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、
あるべき姿のために戦わないことだ。

私は、ラ・マンチャの男のこの台詞を聞いて・・・。

人は、ドンキホーテは狂っていると言うが、
では、この世に正常な者がいるというのだろうか。
誰が正常で誰が異常かなんて解らないじゃあないか。
この世の中の人間、皆、狂っていると言ったっておかしくない。
皆が狂っているとするのならば、許されないのは、この世の中の不正に目をつぶり、仕方がないと諦めていく狂気だと私は想う。

日本人は何でも和をもって尊しとして意に反する意見を会議や集会で発言する事を意味もなく嫌う風潮がある。
いろいろな会合に出ても自分の言いたいことを何も言えずに、黙って俯いている人が多い。
各々が各々立場で意見を述べ合うから会議や集会は成り立っているのです。
自分たちと違う意見を頭から否定するならば集会など開く必要がない。
あなたは、自分のの主張が正しいと信じるのならば、ひるんではなりません。

あなたが自分の信念に正しいという確信があるのならば、どの様な迫害や弾圧を受けたとしても、また、どの様に周囲の人間が無理解だとしても、味方になる者がだれ一人いなくても、毅然と主張すべきなのです。

誰も自分の事をわかってくれない、味方してくれないとしても、自分が正しいと思うのならば、周囲の人間の思惑に囚われ迎合すべきではありません。
むろん、自分の主張が間違っていると気が付いたならば、素直に認め改めるべきですが・・・。しかし、自分の考えが正しいと思うのならば、堂々と立ち向かっていくべきなのです。

イエス・キリストは、正しい事を群衆に主張したが故に、十字架にかけられたのです。
コペルニクスやガリレオ、ジョルダーノ・ブルーノは、真理を明らかにしたが故に迫害を受けました。
命を懸けて正しい事を主張する事が狂気だというのならば、罪もない者を十字架にかけるのも狂気です。
たった一人で幾千万という敵に向かっていくことを狂気だというならば、破滅するとわかっているのに大勢に従う事もまた狂気なのです。
一人で義を貫くことが狂気なら、諦めて大勢に従うのも狂気。

周囲の反対や無理解を押し切ってまで信念を貫き通す事が狂っているというのなら、最初から仕方がないと諦めたしまうのも狂気。
大風呂敷を広げて夢を追い求めるのも狂気ならば、吾のみが正しく周りが皆馬鹿に見えるのも狂っている。

金儲けの為ですか。
神の正義を実現する為ですか。
神の名の下に金を儲けるのも狂気。
神の正義を実現しようとするのも狂気。
どうせ狂っていると言われるのでしたら、どちらを選択すべきか。自ずと明らかです。

イエスこそ、狂人なのです。
そしてイエスを狂わせたのは何ですか。

会議を開いて人を集めるのは、人を集めることが目的ではなく。
人々の意見を聞く事が人を集める目的のはずです。
主催者の考えを押し付ける事が目的でもないはずです。
周りが迷惑をするから、自分の信念に基づく行動は止めろというとしたら、それも又狂っている。
自分は、違う意見を持つ者にも寛容であるべきだと思います。
勇気をもって正しいと思う事を口にする事。例え、その結果がどうあろうとも。

神と自分との間に入り込める存在はありません。
誰かに言われたから、誰かに強制されたから神を信じるのではない。
神を信じるという事は、自分の純な魂をひたすらに信じる事を意味するのです。
神と純な魂が向かい合った時、信仰心は実現するのです。
神と自己とは一対一でしか成立しない。
伝道というのは、私が信じる神をあなたに強要するのではなく。
あなたと神を対峙させることなのだと思うのです。
信仰を成就する為には、あなたが直に神と向き合い、そのうえで、あなたが純粋に信じることを行う以外にない。
その時、私とあなたは神の名の下に許し合うことができる。
それこそが神を信じることだと私は想うのです。

孔子も徳は弧ならず、必ず隣ありと言います。

あなたが神の真実に目覚めたのならば、あなたは神に選ばれたのです。
イエスが背負った十字架を伴に背負うしかないのです。

あなたが神の愛に目覚めたのならば、あなたは神に選ばれたのです。



聖人も、哲人も、賢者もいろいろな人がいて、人それぞれ違う事を言っているように見える。
しかし、本物といえる聖人や哲人、賢者が言う事は、皆、言っている事は一見違うようだが、その言わんとしている事が指し示す方向は同じ処で、その指し示す先に居られるのは神である。

論語
「子、曰(のたまわ)く、中行(ちゅうこう)を得てこれに与(くみ)せずんば、必ずや狂狷(きょうけん)か。狂者は進みて取り、狷者は為さざる所あり」(子路篇13−21)

子曰わく、郷原(きょうげん)は徳の賊なり。(陽貨第17−13)

孟子(尽心章句下 38章)
万章が尋ねる。
「孔子が陳の国に居たとき、郷里の士は志は大きい割に実行が伴わない。しかも頑固だから、帰って教育し直したいとしきりに云ったというが、何故そんなに郷里の狂士のことを思われたのか」と。
孟子は語る。
「孔子はかねがね、中庸の人物と交わることが出来ぬ場合は、狂者か狷者を選びたいと云っていた。狂者は理想に走りやすいが志が高いし、狷者は知識は浅いが心に守るところがある。孔子とて始めから中庸の人と交わるのは難しいと思ったわけではなく、次善の策として狂狷の者を望んだのだ」と。
狂者の人物像を尋ねた万章に孟子は語る。
「孔子の門人子張、曾皙そして牧皮などが狂者に当たる。
彼らは志は高いが大言壮語の人だから狂と云われてる。
しかも彼らは言行不一致の処があり、いにしえの聖者を崇めてしばしば口にしていたにも拘わらず、その行いは人と親しむどころか疎んぜられていたのだ。しかしかかる狂者とも交わることが出来なければ、不義を憎む士すなわち狷士を選んだのだ」と。
万章は話題を変えて尋ね返す。
「孔子は、訪れることもなく門前を通り過ぎてしまっても、少しも気にならぬのは郷原で、彼らは徳の賊だと云っているが、郷原とは如何なる人物を指すのか」と。
孟子は答える。
「世の流れに逆らわず仲良く過ごせれば良いと、良心に背を向けたまま世に媚びて生きている輩のことだ」と。
万章は質問を続ける。
「謹厳実直と人は評し、その行いも謹厳そのものの郷原の人を、何故孔子は徳の賊だというのか」と。
孟子は答える。
「非難される程目立つこともなく、世俗に流され、濁世に迎合し、見かけは忠信、廉潔の士に似ており、世人にも好評で自身も満足しているが、その世渡りは堯舜の道からほど遠いものがある。故に徳の賊というのだ。孔子は似非なるものを憎むと云っている。それは似非なるものが本物を見失わせるからで、例えば雑草は苗と見間違うし、佞人は義の道を損なうし、口先が旨すぎると真実が見えなくなるし、鄭の音楽は正統な音楽と紛らわしいし、間色の紫色は正色の朱と紛らわしいように、郷原を憎むのは徳を乱す恐れがあるからだ。君子たる者は常に正道を目指すべきである。この正道さえ保たれれば庶民は奮い立ち、邪悪な郷原は消え去るものだ」と。
孔子云う中庸の道守る人見つけ交際するが最善出来ざれば狂者か狷者見出して交際するが次善なる策狂者とはその志し高けれど大言にして壮語なる人狷者とは度量の狭き人なれど心に守るところある人郷原は本心隠し世に媚びて生きる輩で徳の賊なり郷原は善人として評高しその真実は背徳の人孔聖は似非なるものを憎悪せり世間惑わせ徳乱すため君子たる者はひたすら常道を守り続けることが肝要常道を正しく守り続ければ庶民必ず奮起するもの
庶民らが奮い立ったら郷原の如き悪人影を潜めん。

ラマンチャの男(抜粋)



私はこれまでありのままの人生というものを嫌というほど見てきた。
……息をひきとる仲間を両の腕に抱いたこともある。
彼らはみな、うつろな目をして、
おれはなぜこうして死んでいくのかと私に聞いていたのではない。
いままでこんな人生なんのために生きてきたのかと私に聞いていたのだ。

ああ人生自体が気違いじみているとした、では一体、本当の狂気とは何か? 
本当の狂気とは。
夢におぼれて現実を見ないのも狂気かもしれぬ。
現実のみを追って夢を持たないのも狂気かもしれぬ。

だが、一番憎むべき狂気とは、
あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、
あるべき姿のために戦わないことだ。

Life as it is. I've lived for over 40 years and I've seen life as it is. Pain. Misery. Cruelty beyond belief. I've heard all the voices of God's noblest creature. Moans from bundles of filth in the street. I've been a soldier and a slave. I've seen my comrades fall in battle or die more slowly under the lash in Africa. I've held them in my arms at the final moment. These were men who saw life as it is, yet they died despairing. No glory, no brave last words, only their eyes, filled with confusion, questioning "Why?" I do not think they were asking why they were dying, but why they had ever lived.

When life itself seems lunatic,who kows where madness lies?Parhaps to be too practical is madness.To surrender dreams−this way be madness.To seek treasure where there is only trash.
Too much sanity may be madness.And maddest of all,to see life as it is and not as it should be.


己の魂以外、己のものとなすなかれ。
現在の自分を愛さず、将来の自分を愛せ。
快楽のみを追うな。
常に先に目を向けよ。
男には公正であれ。
女には丁重であれ。
その人の幻の中に生きよ……。
その人の名はドルシネア…。


現実社会において、
『汚れ果てし この世から 正しきを救う』なぞ、きれいごとで、
それを実行し進み続ける男なぞただの狂人。

『現実は真実の敵なり。』
事実というのは、この毎日の現実の、この現実の世界は、いつの時代も真実の敵だ。


そしてテーマソング「見果てぬ夢」

夢は稔り難く           (ゆめはみのりがたく)
敵は数多なりとも        (てきはあまたなりとも)
胸に悲しみを秘めて       (むねにかなしみをひめて)
我は勇みて行かん       (われはいさみてゆかん)
道は極め難く           (みちはきわめがたく)
腕は疲れ果つとも        (うではつかれはつとも)
遠き星をめざして        (とおきほしをめざして)
我は歩み続けん         (われはあゆみつづけん)
これこそは我が宿命      (これこそはわがさだめ)
汚れ果てし この世から    (けがれはてし このよから)
正しきを救うために       (ただしきをすくうために)
如何に望み薄く 遥かなりとも (いかにのぞみうすくはるかなりとも)
やがて いつの日か光満ちて (やがていつのひかひかりみちて)
永遠の眠りに就く時来らん   (とわのねむりにつくとききたらん)
たとえ傷つくとも         (たとえきずつくとも)
力ふり絞りて           (ちからふりしぼりて)
我は歩み続けん         (われはあゆみつづけん)
あの星の許へ          (あのほしのもとへ)


To dream the impossible dream
To fight the unbeatable foe
To bear with unbearable sorrow
To run where the brave dare not go
To right the unrightable wrong
To love pure and chaste from afar
To try when your arms are too weary
To reach the unreachable star
This is my quest
To follow that star
No matter how hopeless
No matter how far
To fight for the right
Without question or pause
To be willing to march into Hell
For a heavenly cause
And I know if I'll only be true
To this glorious quest
That my heart will lie peaceful and calm
When I'm laid to my rest
And the world will be better for this
That one man, scorned and covered with scars
Still strove with his last ounce of courage
To reach the unreachable star


TOP         Contents         NEXT


このホームページはリンク・フリーです
Since 2015.12.21
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.


Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano