2013年10月23日 11:07:32

神について思う

生きとし生きる物全てに幸せになる権利はある


人間の是非善悪を超えた所に絶対的存在、超越的存在を認識した時、超越的働きとして法が成立するからである。
神は人を試したりはしない。
多くの人は、神の名の下に神から遠ざかる行為をしているように思える。
なぜなら、彼等は、神の方を向かずに自分の方を向いているからである。
神に背を向けて人に向かって何を解こうというのか。
何が正しくて、何が間違っているかは、人の勝手である。しかし、生きとし生きる物全て、神の名の下に幸せになる権利はある。
神の本性は、愛である。

個人的な怨みや憎しみ、復讐心を神に投影し、神の意志だとするのは、無意味な事である。
神は、怨みや憎しみ、復讐心を超越した存在である。

自爆テロの如き事で信仰が成就する事はない。
信仰は、神を信じる事でしか成就しない。
神を信じる事そのものが信仰なのである。

死によって信仰が成就するのでもない。
死によって癒やされるわけでもない。
ただ神を信じる事のみによって癒やされるのである。

人は今を生きているのである。
この一瞬一瞬に神を信じ続ける事で、最後まで神を信じきる事でしか信仰は成就できない。

何を為すかではない。
ただひたすらに神を信じきる事である。
神を信じる事で永遠の心の平安が得られる。

何が正しくて、何が間違っているかではなく。
ただひたすらに神を信じる事である。

人を幸せに出来ないような経済の仕組みはどこか狂っているのである。経済は、人を幸せに、豊かにする事が目的なのであるからである。

経済的事象によって現れる数字から推察するに、神から人が与えられた選択肢は、分かち合い、譲り合うか、奪い合い、争い合う事しかない。分かち合い、譲り合うか、奪い合い、争い合うかは、人が自分達で選ぶしかない,その結果に対しては自らが責任を負えと言われてるのである。

分かち合い譲り合う事が出来なければ、人は際限のない争いを選ぶ事になる。
しかし、争いを選ぶのは人であり、神ではない。
争いを選んだ結果に対して人が報いを得たとしても、神を呪うのは愚かな事である。

神に栄光あれ。

TOP         Contents         NEXT


このホームページはリンク・フリーです
Since 2015.4.2
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.


Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano