2013年10月23日 11:07:32

神について思う

心の闇と神



脳科学や心理学、精神分析などが発達したお陰で、心の有り様が明らかになり、
心の病も解ってきた。

最近は、精神科の医療も進歩し、投薬のような治療法も確立されつつある。

ただ、自分は、現在、精神病とされている病の全てを、病だと片付けて良いのかどうか疑問に思う事がある。
病と言うよりその人その人の性格や気質、人生観のような問題のような気もするし、
病だと片付けたらその背後にある本質が見えなくなる気がするからである。
肉体的な病気とは、異質でもあるからである。
その人その人の生き方や人生、価値観と深く関わってもいるからである。
突き詰めると、人間の業とか、因縁の問題にまで至る。

ただ、経営などの仕事をしていると、多少なりとも知識が必要である事を痛感する場面にたびたび遭遇します。
企業経営だけでなく、組織を束ねていく問い事は、多かれ少なかれ、人の心の問題から逃れることはできないからです。

甘く考えていると深刻な問題に発展する危険性もある。
場合によっては、その人の人生や命に関わるような事態、
時には、当人だけでなく上司や周囲の人間を巻き込む事態にもなりかねからです。
しかも、この様な事態は、待ったなしです。

それにしても、最近、この手の病も増えている気がします。
そういう事で、自分もカウンセリングの勉強をすることにしました。

カウンセリングの勉強する過程で、
ある時、「境界性パーソナル障害」(岡田尊司著 幻冬舎新書)を見つけて読みました。
それから、境界性パーソナリティ障害(ボーダーライン・パーソナリティー・ディスオーダー)の本を何冊か買って読でまました。
境界性パーソナリティ障害というのは、ボーダーラインと俗に言われている。
最近注目を浴びるようになってきたそうです。
最近注目を浴びるようになってきたのは、従来は、これまでの精神病の範疇では捉えにくく、
治療方法が確立されおらず。
症状も多様でなかなか統一した見解が出せなかったという事が一つ。
そうはいっても、リストカットや自殺願望、薬物依存等の依存症の原因として考えられるようになり、
また、少なからず周囲の人間の生活を脅かすことが判明してきたことに依る。

私は、必ずしも病という範疇で捉えられるかどうか難しいと思います。
しかし、リストカットや摂食障害のように命に関わるようなことが想定される以上、
やはり、ある種の病気だと捉えることも、あながち、間違いだとは言えないと気がします。

境界性パーソナリティという言葉に境界性という言葉があるために、境界という概念に囚われがちだが、
最近では、境界性という概念では捉えられないことが明らかになってきた。
(この場合の境界というのは、心身症と精神病の境界という意味だが・・・)
現在では、自分は必要とされないのでは、とか見捨てられるのではないのかといった脅迫概念によって、
自己を制御できなくなることを意味する。

つまり、自分の安定したい場所が見いだせなかったり、寄る辺ない心理状態に置かれている人が
陥る心理状態が引き起こす現象と考えれば良い。

私は、主体性の喪失が原因で、近年、この種の障害は増加する傾向にあると考えます。
アイデンティティの欠如です。
その原因としては、やはり、教育と家庭環境の問題があると思います。
今の学校教育のように、試験の成績や偏差値と言った無機質な数値によって、それも、特定の分野に限定した値によって、全人格まで評価されてしまう環境では、自己の人間性を否定的に捉えてもおかしくない。
また、核家族化が押し進み、家族が個別化されてしまうと自己を集団の中に位置づけたり、他の人と関連づけた意識を育むことか難しくなる。
この様な現在の教育環境や家庭環境は、個人の主体性を育みにくい環境だと考えるからです。
そして、更に本質的な原因と思われるのは、神の喪失です。

自己の存在価値が見失われ、自己の主体性が保てなくなった状態に置かれている人達である。
主体性が失われる状態によって自己の制御ができなくなり、
それによって自己否定的な行動や過剰な行動、異常な行動を引き起こすのである。
例えば、自殺や自傷行為といった事である。

いつも心が満たされない思いかが抜けずに、空虚、飢餓状態に置かれている。
自分の居場所がないから何をやっても虚しいのだろう。

自分の考えがあるようでない。そのために、自分の考えを上手くまとめられず、決断ができない。
それがストレスになって感情を制御できなくなり、自己の存在にも自信が持てない。
人を愛せないのではなく、愛している自分が信じる事ができない。

確固たる自分がないために、心の振幅か大きくなり、振り切れ、感情を制御できなくなる。
それが境界性パーソナリティです。
碇を下ろしてしっかりと停泊ができない船が嵐に揉まれているような状態です。

周囲を見渡すと身近でも境界性パーソナリティ障害らしい人物に心当たりがある。
有名人が引き起こした事件も境界性パーソナリティ障害に照らし合わせると説明がつく場合もある。
そうしてみると有名人の中にも、境界性パーソナリティ障害らしい人が、多々、見られる様に思う。
境界性パーソナリティ障害が増える原因は、
近年の学校教育や家庭環境も
この様な人間を増殖する環境にあると私は思います。

重要なのは、主体性の喪失という現象である。

考えてみれば、学生時代からパーソナル障害があると思われる友人と数多く接触してきた。
また、そういう役割をさせられてきて気もします。
当時は学園紛争が盛んな時であり、徹夜で議論したり、真剣に人生と向き合っている中でそういう連中とつきあってきた。
ハラハラドキドキさせられたり、真夜中に電話を切られて飛び出したりもした。

パーソナリティ障害というのは、
考えてみればごくありふれている事なのかもしれない。

彼等の多くは日常生活は、正常なのである。
ただ、何かの弾みやきっかけでおかしくなる。
謂わば、切れたり、壊れてしまうのである。

そのために、異常な状態を知らない人間には、なかなかこちらの言い分を理解してもらえません。
また当人も自覚しにくく、異常な行動が認知されない限り問題にもされない。

しかも、当人は、周囲や自分を騙すために、自分を装うのに長けている場合が多い。

心の病だと言っても、外見を取り繕うのは上手ですからね。
下手をするとこちらの方が相手を中傷しているようにも見られる。
しかし、真実を明らかにする事が本人のためでもある。

どういう行動が見られるか、列挙してみると

それまで穏やかに、楽しく話していたのに、急に態度が豹変して怒り出す。
一度怒り出すと感情が爆発して、罵詈雑言、抑制がきかなくなる。
相手の自尊心を滅茶苦茶にし、相手が傷つくと解っているのに言ってはならない事まで言ってしまう。
一度怒り出すと、暴走して止められなくなる。
一度興奮状態になると言っている事に論理的な一貫性がなくなって、支離滅裂になり、挙げ句に常軌を逸した行動をとる。
普段言っている事とまるで逆の価値観を持ち出す。別人のようになる。
何でもかんでも、黒白をハッキリ付けないと気が済まないで、オール・オア・ナッシングになる。
気に入らない事があると底意地が悪くなり、ある事ない事言いふらす。
相手を試すような行為を頻繁にする。例えば、自殺未遂を仄めかしたり、リストカットなどをする。
また、浮気を繰り返したりする。
それに反する行為をとると相手に対して異常に攻撃的になる。

また、完全主義で何でもかんでも自分が取り仕切らなければならない。
人に任せくれなくなるんですね。

言っている事とやっている事が矛盾しているのに、それに気がつかない。
例えばゆっくり休んでいて良いと良いながら、いつまで寝ているのと怒る。
成績など気にしなくて良いと言いながら、突然、なぜ勉強しないのと責める。
あなたは天才だと良いながら、どうしようもない馬鹿だとこき下ろす。
妙なところが潔癖で、いつも部屋をきれいにしないと許せなくなる。
反面、ずぼらなところがあったりする。
人が掃除をしても自分が掃除をしないと気が治まらない。
そのくせ、誰も自分を助けてくれないと罵る。
それに摂食障害、過食、拒食の傾向も見られる。
こういうのは心の病の症状なんですね。
また、軽い浪費癖も見られる。

これらの事というのは、一過性の問題の場合もある。
その場合は、一種の発作みたいなものですね。
ただ度重なるにつれて、どんどんと心に累積してきて段々一過性でなくなってしまう事が多い。
そうなると周囲の人間も疲れてくるとどうしてもどうでも良いという気になってしまうんです。
それがまた事態を拗らせる。
理屈ではない感情の問題である。

そして、彼等の多くは、
何もかも他人が悪いと他人の性にする。
しかも、それが巧みなのである。

パーソナルティ障害がある人と興奮状態の時に話をする場合、
自分も、頭で理解しようとする事は間違いなのである。
頭で理解しようとしても相手は感情的問題にすり替わっているのだから、通用しない。

これは心の問題、感情、気持ちの問題で、それはそれで理解し、受け止めていかなければならない事なんですね。
相手の言っている事を理屈で理解しようとしても、かえって事態を拗らせるだけなんです。
相手は、言っている事を理解しろと言っているのではなくて気持ちを解って欲しいと言っているんですからね。

心の病を持つ人は、突然、誰彼かまわず罵り、罵倒する事がある。
でもまあ、これは感情なんですね。
言っている事に一々目くじらを立てていたら身が持たない。
当人も解っているんですよ。
ただ言わないと気が済まない。感情がささくれ立っているのですから、こちらが何を言っても、結局、油に火を注ぐ事になる。
直接の原因が何かはわかりません。例えば膝が痛いとか、仕事の事で苛々しているとか・・・。
忙しくてパニックになっているとか。子供がいう事を聞かないとか。
ただ、言っている事と苛々の原因に直線関係があるとは限らない。
むしろ、治まらないのは感情であって、自分が、何を言っているのか解っていない時もあるみたいです。

むろん、言っている事には正論もありますし、そうでない部分もある。とにかく極端なのが問題なのです。
僕らは、言った事に囚われたり、責任を感じたりしますが、そう決めつけるのもいけないのかもしれません。
言葉の意味ではなく、言葉の働きですね。
こういうことを言ったら相手が傷つくだろうといった言葉の働きの方が大切なんです。
要するに言葉は刃物みたいな物なんですね。
だから、言ってることを気にしだしたら、ズタズタにされてしまう。
こういう人を相手にする場合は、ある程度、厚顔にならないと駄目ですね。
一々気にしていたら、相手に振り回されて、最後は自分まで見失ってしまう。
それでは元の木阿弥になってしまう。

どこから、何処までが本気で言っているのか、どこからが違う次元の感情から発しているのか。
当人自体が解らないのでしょうし、ある程度はこちらで判断して対応していかなければならないと考えます。

凄く理性的で論理的かと思わせられる反面ものすごく衝動的で感情的な部分が混ざっている。
しかも、一見して正論を言っているようにも見えるんです。
そこが難しいんですね。外面はよくて、普段は、凄く優秀で、理性的に振る舞うんです。
だから、一概に否定する事はできない。要は周囲の環境状況ですね。

その上、黒白をハッキリ付けて灰色な部分は認めない。駄目なものは駄目なんですね。ただ、その駄目な事が一定していない。
その日その時の気分でガラッとと変わる。自分に味方するか、しないかといった類いが基準なんですね。

その時その時に正しいと思った事が正しい。
自分がいいと思う事が良い事で、自分が悪いと思う事は悪い。
例えば、一緒に仕事の話をしていてある程度はかどると優秀な人達だという事になりますが、他の会社に行って良いところを見ると自分の会社の人間は、皆、馬鹿で、無能な人間に見えてしまう。

心の病がある人は、有能は有能で仕事はできる人もいる。
だから、自分一人が正しくて、後の人間は間違っているように思える。
自分一人頑張っているのに、周りの人間は何もやっていない気がする。
それは一面正しいが、一面では間違っている。
そういうグレーな部分、曖昧なことを嫌う。嫌うだけでなく受け付けない。

例えば、勤めている会社の状態が良いと思える時は良いし、悪いと思う時は、絶望的な気分に落ち込む。
ただ、それも必ずしも実体を反映していない。
その時、その時の心証に依ることが多い。

その辺は、違う次元の感情的問題だと思います。

中には、相手の親や兄弟を排斥しようとする者もいるそうである。
その動機も根本は、感情的な部分だと思いますね。

悪感情の根子にある患部が取り除ければ、それにこしたことはないのでしょうが、
でも、こういう部分は、変えようと言っても簡単には変わりませんからね。
説教なんてしようものならば逆効果ですし、表面だけで取り繕って内心は隠してしまう事もありますし。

何かのきっかけや拍子で感情が噴出すると感情が修まらなくなり、感情を制御できなくなる。
何が引き金になるのか、また、キーワードは何かが解れば予め対処することもできる。
ただ、よく観察していると感情が抑えきれなくなる兆候というのはある程度、解るようになる。
引き金やキーワードで、何がそうさせるのかがある程度見えてくる。

まともな事を言っているように聞こえても、突き詰めると、感情論なのである。

何かの拍子に人を責めだすと情け容赦もなく止まらなくなる。
第三者が、責めている相手の事を庇えば庇うほど、責めている相手のことが悪く思えてくる。
周囲の者が庇えば庇うほど、自説に固執するようになる。
また、自分だけが責められているように錯覚する。
こうなると悪循環にはまってしまう。
そうでなくて、当人の気持ちですね。
それをどう受け止めるかが重要なんですね。

当人の言い分にも傾聴すべきところがある。
正しいことも言っているのである。
ただ、黒か、白かハッキリさせないと気が済まないから厄介なのです。

しかも、そういう事を当人に指摘しても逆効果になるのがオチだと思うのです。

外回りをしないと怒る癖に、外回りを始めると自分の領域を荒らしたと怒り出す。

それは感情でしかない。なにか信念とか、価値観ではないんです。
当人は、自分なりの論理で正当化しているはずですから。
そうなったら是々非々の問題として譲れる線とそうでないところを明確に区別しておく必要があると思うのです。

とにかくこの手の事は、当人が認めたり、自覚したりという事はあまり期待できませんから。
これらに一々反論すると感情が抑制できなくなる。

相手が感情的になればなるほど、自分の感情の始末に困ることになる。
結局、自分の感情とも葛藤することになる。

元々、人間の決断を司っているのは、感情であって理性ではないという考えもある。
頭では悪いことだと解っているのに、やってしまうとか、止められないという事は多々ある。
恋愛なんて、特に、そうである。
また、感情によって判断した場合の方が良いと言うこともある。
なぜなら、人間の認識というのは不完全なものだからである。

元々人間は一人で生きていけない存在である。
だから、誰しにも、ボーダーラインと言われる人達と同じような部分がある。
ただ、それが極端に強い、病的に強いだけとも言える。
だから、病気なのか、性格なのかという見極めも難しい。

要は、人と人との適正な距離が保てないことにも起因している。

自分が見捨てられるのではないのかという不安があるので、
常に、近くにいて欲しいとなり、
生活に支障を来すほどになる。
近くにいると差し障りがあるというのならば、
ある程度距離を置けば良いと言う事になりがちですが、
そうなると今度は、自分が見捨てられたのではと思うでしょうね。

本心から出たのか。それとも一時的な気紛れなのか。
本心だとしても根底にあるのは、しっかりとした価値観、論理的なものなのかそれとも何らかの怖れや不安、過去の記憶などに基づく感情的な物なのか。
それを見極める必要があると思います。

怒り、不安、怖れをそのまま口にしてしまうているとも言えます。
ただ、いった事が当人の中では消化できても言われた方が今度は治まらなくなる。
だから、相手を悪役にして自分を護ろうとするんですね。

仕事面では、自分が解らない事やできないところを受け入れようとしない。
自分ができない事を他人に悟られたくなくて、自分ができない事、解らない事の話になると苛立つ。自分が全てを掌握していないと気が済まないんですね。

とにかく自分の言っている事が相手に伝わらないとか、仕事が上手くいかないとかと言う部分があると抑制が効かなくなり、相手を罵る事になる。

元々、自分が理解できない事やできない事を認めないと言うところがあります。それで自分が理解できない事やできない事に立ち至ると癇癪を起こす。相手はなぜ癇癪を起こしているのか解りませんよね。

外見や他人の目を気にして、その時、その場は相手に合わせるが、その人がいないところでは、悪口を言う。また、意識してか、無意識かは定かではないが嘘をつく。と言うより、自分が感じている事が事実だと思い込んでいる。だから、必ずしも嘘と決めつける事もできない。
ですから、いつの間にか悪役にされていたりする。ただ、辻褄が合わなくなるので一時は良いのですが、最終的には、離れていくことになる。それを気を付けることしかないですね。

原因には、失恋やいじめ、友人関係、兄弟や姉妹の関係、むろん、親子の関係等があると思います。一概に親子関係だけに問題があったと決めつけるのは危険ですね。

過去ではなく。やっぱり、今だと私は思うんです。当人の心の隙間というか穴をどうやって埋めるかですね。

よく幼児体験を問題にして親子関係、特に、母親との関係に原因を見いだす専門家がいますが、そうだとは、言い切れないと私は、思います。
それは外見的なことであって、根子はもっと奥深いところにある気がします。
むしろ、人間の根源にある闇ですね。
情念みたいな部分にこそ原因を見いだすべきだと思うのです。
だから理屈では割り切れない。
人と人との関係が生み出す、ドロドロとした情念。嫉妬や妬み、愛情や憎悪、見栄だの外聞、そう言った心の闇が原因するのだと思います。
だけど、そういう部分があるから、芸術や科学は生まれるのです。
ですから、それを一概に心の病として片付けることも危険だと思います。
人は、誰でも表の部分と裏の部分がある者ですよ。
そのいずれも、その人の人格なんですね。
見ようによっては良いところも悪いところになり、悪いところも良いところになる。
変えるのではなくて理解することなんですね。
そして、自分の認識も変えていくことだと思うのです。
生きるという事は、修業ですよ。そう思うしかない。

重要なのは、主体性の喪失だという事です。
主体性を取り戻せないかぎり、根本的な解決には至らない。

だから、
最終的には、神の領域に入らざるを得なくなると思います。
そして、現代社会に精神疾患の人が増えているのも神なき世だからとも言える。
救いのない世界なのである。

あるがままの自分を受け入れ、悔い改めなければ救いはない。
だから最後は神に辿り着くのです。

相手を変えよっとするのではなく、相手の心の内を理解しようとするしかないのだと思います。
相手もまた辛くて苦しいのだと思います。
ただ、譲れないところは譲れないし、それはそれで上手く躱す事を覚えなければならないと思います。

相手の心の問題であると同時に、私の心の問題でもある。
相手の感情の問題であると同時に、私の感情の問題でもある。

治すとか治さないとかではなく。一切合切を包む込んでいく。是々非々を明確にして、譲れるところと譲れないところを明確にする。
その上で、一時的な感情には、それなりの対応を予め決めておく事が必要だと思われます。

心の病がある人と接する時は、自分がおおらかに考えるしかないなと一々カリカリとするのではなく。
ある程度自分の感性も鈍らせて、鷹揚に構えるしかないんだと思いますね。
相手を変えるとか、変わるとかを期待したところで始まりませんからね。自分も楽しむくらいでないとね。

聴くという事の難しさが骨身にしみています。
もっと素直になれば、良いのでしょうけれど、結局、聴くという事は自分の事も入るんですよね。というか自分との戦いでもある。
聴くだけといっても自分も無傷ではいられませんし、満身創痍になっても相手の苦しみを受け入れていかないと結局は徒労に終わってしまう。
病気だと言って片付けられれば良いのですが、一概にそうと言って片付けられものでもありませんし、よくよく考えてみれば自分の問題でもある。
病気ではなくて、価値観や性格の問題のようにも見えてくるし、病気だと決めつけてしまうと、本質を見失う気もします。

それに、相手の話をよく聞いて自分が変われるところは惜しみなく変わっていく覚悟が必要なんですね。それがやってみるとそう簡単ではない。人間関係というのは、一対一の関係だけではないですからね。あちらを立てればこちらが立たず。こちらを立てればあちらが立たず。
相手の言っている事を頭で理解しようとしても駄目で、結局、心で感じるしかないんですね。そして、自分も変わっていかなければならないのですけれど、際限が向ければいずれにせよ限界にぶつかる。
心の耳で聴く。相手の苦しみを共有しながら、どこかの部分で、一線で踏みとどまらなければならない。

これは性格的な問題や価値観の問題も絡むので、当人が治そうと思わない限り、治せない。
価値観の問題が深く関わっている場合は、余程のことがない限り治そうとはしないであろう。その点が厄介なのである。
容易に価値観の問題にすり替わってしまうからである。
だから、究極的には、その人その人の人生観、信条、即ち、神の領域に立ち至るのである。

神による魂の浄化と救済しか、癒やす事はできない。
やはり根本は信仰です。

素人判断は危険だという事は解っています。
ただ、相手とどう接したら良いのか、それを見極めたいだけです。それさえ解れば、道は拓けると信じます。

大切なのは孤立させないことなんですね。
孤独にしないことですよ。
後は人間関係を如何に健全に保つかですね。

大切なのは、相手を深く愛して変わらないことです。
そして、それをどう相手に伝えるかですね。

国家にも心があり、国家も心の病になる事があるように思える。
国家にも理性や感情がある。

国家を揺り動かし、革命や革新を引き起こし、或いは、戦争に導くのは、国民感情である。
だからこそ、多くの政治家は、国民感情に訴えるのである。

国家の主体性は、国家の独立と主権によって保障されている。

過去の記憶や国家間の関係によって国家の主権が傷つけられ、
それが国家の心の有り様を歪めている。

その歪みによって国家が国家としての独立や主権が危うくなり、国民感情が激高した時、
国家は制御ができなくなる。
そして、それは内乱や革命、戦争を引き起こす原因となる。
それは国家が均衡を失うことに依る。

我々は、国家の心の声に耳を傾け。
国家心の均衡を保つように努める必要がある。




TOP         Contents         NEXT


このホームページはリンク・フリーです
Since 2013.12.17
本ページの著作権は全て制作者の小谷野敬一郎に属しますので、一切の無断転載を禁じます。
The Copyright of these webpages including all the tables, figures and pictures belongs the author, Keiichirou Koyano.Don't reproduce any copyright withiout permission of the author.Thanks.


Copyright(C) 2001 Keiichirou Koyano